エンジンが喜ぶオイル「サスティナ」誕生!

エンジンオイルは5つの役割を担っています。

 ①エンジンの各部分を円滑に動かして摩耗を防ぐ

 ②ピストンとシリンダーの隙間を塞ぎ、エネルギーのロスを防ぐ

 ③エンジンの各部分を冷却し、焼き付きや破損を防ぐ

 ④燃焼時に生じる不純物を洗い流し、エンジンをきれいにする

 ⑤燃焼によって生じる水や酸が引き起こすサビを防ぐ

 

しかし、オイルは熱による酸化や燃えかす、水分の混入により次第に劣化します。

一定の期間や走行距離を過ぎたオイルは十分な働きができなくなり、

交換しないと燃費の悪化や、エンジントラブルを起こす可能性があります。

 

お客様の愛車のエンジンを長持ちさせるためには

お客様のお車の種類や使い方に合ったオイルを選び、定期的に交換することがポイントとなります。

 

CMでも話題の ENEOS SUSTINA<サスティナ> は

エンジンオイルの構成成分である「ベースオイル」と「添加剤」に、ENEOS独自の最先端オイルテクノロジーを採用することにより

エンジンをスラッジから守り、高い省燃費性能を長く発揮し続けるオイルです。

お車を長く大切に乗られているお客様に、ぜひ使っていただきたいオイルです。

三和石油の各店舗で、スタッフがお客様のお車の状態を点検し、詳しくご説明・ご提案をさせていただきます。

ぜひ一度、ご体感くださいませ。

 

 

ページの先頭へ戻る